疲れても頑張っている貴方におくる!

疲労するってこんなこと!?

恐らく世の中で、一度も疲れを感じたことが無い人っていないんじゃないでしょうか。そもそも人間の体は重力の重さに耐えながら体を支えて生きているわけですから、相当ストレスを感じているはずです。

 

 

でも疲れている人とそうでない人っているのはなぜ?
 

 

確かに人によって疲労の重さが違うように見えます。
以前私が勤めていた会社でも、同じ部署で同じように仕事をしているのに、いつも元気な人といつも疲れている人がいました。

 

いったい何が違うのでしょうか。

 

実はいつも元気な人は、その日の疲れを翌日に残さないために、あることをしていたのです。
あることとは一体…

 

 

疲労が原因!?生活習慣病を防ぐために出来ること!

 

 

生活習慣病である肥満や高血圧・糖尿病などの原因となっている偏食やストレス。さらにそれらを引き起こす元凶となっているのが『疲労』と言われています。

 

疲労の原因を知り、上手く疲労回復につなげていくことができれば、貴方はもっといろんな力を引き出せるのです。
疲れを知らない体を手に入れて、いつまでも若々しくいたいじゃないですか。

 

このサイトでは、そんな疲れている貴方におすすめしたいグッズやサプリメントをご紹介して参ります。少しでも疲れが取れて、健やかな毎日を過ごすためにあらゆる情報を発信していきます!

 

 

疲労度チェックで疲労回復への近道を!

疲労の原因がわかればあとは改善するために何をすればよいかを突き詰めるだけです。まずは今貴方がどれくらい疲れているかをチェックしてみましょう。

 

疲労度チェック

朝目覚めが悪い
食欲があまりない
日中も体のだるさを感じる
体に力が入らない
なんだか下を向いて歩きがち
すぐに嫌なことを思い出してしまう
以前よりお酒が弱くなった気がする
布団に入っても寝付けない

 

※当てはまるチェック項目によって対処方法は異なります。このチェック表はあくまでも参考程度にご覧ください。症状が酷い方は早めに専門医に診てもらいましょう。

1〜2個 
オツカレ予備軍!
今はまだ何とか元気ですが、じわりじわりと疲れが体を支配していきます。自分にあったサプリメントや疲労回復グッズを早めに見つけて対策をとって翌日に疲れを残さないように対処しましょう。

3〜6個 
オツカレ2軍!
毎日疲れて大変です。自分でも「疲れてるな〜」っと自覚があるでしょう。でも仕事に家庭に毎日が忙しくってどうにもならないのが本音なところ。しっかりサプリメントや披露回復グッズを駆使して対処しましょう!

7〜8個 
オツカレ1軍!
ハッキリ言って重症です。明日にでも病院へ行って診てもらいましょう。『疲労』をナメてはいけません。取り返しがつかなくなる前に必ず専門医の先生に診てもらうことをおすすめします!

 

 

サプリや専用グッズで疲労回復するの!?

疲労回復にいいとされているサプリメントや様々なグッズは果たして効果があるのでしょうか。実際に私が試したものや、口コミで評判の良いもの、または悪いものも含めて紐解いていきたいと思います。

 

果たして疲労回復につながるのかどうか。貴方もその目でじっくり吟味してください。

その疲労、貯め込んでいませんか?

疲労回復 疲労が溜まって疲れている女性

その日の疲労はその日のうちにリセットしよう!?

人間は生きていく上で誰もが、疲労を感じることがあることでしょう。
子どもから、お年寄りまで、どんな年代であっても、体や、心に負担がかかることで、体の中に疲労物質が溜まります。その疲労物質を一晩の睡眠で全て取り除くことができれば良いのですが、実際には、睡眠不足や食事の偏りなどの生活習慣によって、疲労が日々蓄積している人が多くなっています。

 

 

子どもや若い世代のように、新陳代謝が活性化している場合、疲労は体に蓄積されにくいのですが、年を重ねるとともに、疲労感を抜けきることができないという人が多いのです。

 

 

日頃から、疲労を溜めないようにするためには、毎日の疲労を1日でリセットすることが大切です。良質な食事や良質な睡眠により、1日ごとの疲労を溜めずに生活を送ることで、体に疲労物質が溜まりませんから疲労回復の為に、特別な事をしなくても済むのです。

 

 

ですが、そう簡単に疲労が溜まらない体を作ることは容易くありません。疲労を感じた時には、必ずその疲労を取り除かなければ、蓄積した疲労は病気の原因ともなってしまいます。

 

 

早期疲労回復のために生活習慣を見直してみる!?

疲労は、体の中からSOSのサインですから、そのサインを無視して頑張ってしまうと、体が壊れてしまう事が考えられます。疲労は、体全体に溜まるばかりではなく、部分的にも溜まります。

 

 

肉体労働である場合には、筋肉や体の節々に、デスクワークの人は肩や目に疲労が溜まります。疲労が溜まるという事は、その部分の血液の流れが滞っているわけですから、職業柄、部分的に疲労が溜まりやすい人は、特に注意しましょう。

 

 

生きていく上では、疲労はいつでもついて回りますし、病人でない限り、1日何もせずに終わるという事はないと思います。疲労を溜め込まないようにするには、日々の生活習慣も大切ですが、ストレスを溜めずに毎日楽しむことが重要です。

 

 

人はストレスが溜まると、更に疲労を感じやすくなりますから、ストレスを溜めないようにすることで、疲労回復にはとても効果があるとされています。

更新履歴